ブログ更新情報
 神社年中行事 】 大宮八幡宮では、下記の通り年間にたくさんの神事を斎行しております。
月日
祭典名
祭典時刻
祭典の趣旨
1月1日
歳旦祭
午前9時
新年を祝い、国の隆昌と氏子の安泰を祈る。
1月第2日曜日
〜第4日曜日
厄除祭
午前9時〜
午後5時受付
災いを福に転ずるように厄除の祓いを受ける。
1月15日
とんど祭
午前9時点火
書き初め、門松、注連飾り等を感謝を込めて送りとんどで
焚き上げる。
1月第3日曜日
鬼追式
10時30分・13時・15時
秀吉が大宮八幡宮の隣に鎮座する月輪寺に奉納したと伝えられる赤鬼・黒鬼の面を被り舞い、氏子の無病息災を祈る。
1月25日
天神祭
午前10時
大宮天満宮の祭り。道眞公の智慧を頂き学業に励めるよう祈る。
2月節分の日
節分祭
午後5時
立春の前日を節分と言い、入り豆をまいて災厄を祓う。
2月17日
祈年祭
午前11時
一粒万倍となるよう諸産業の発展と国家の繁栄を祈願する大祭である。
3月二午の日
稲荷春祭
午後2時
尾引稲荷・伏見稲荷社の春祭り。農業・商工業諸産業の発展を祈る。
4月第1日曜日
総代就退任
奉告祭
午後4時
大宮八幡宮総代の退任・就任を報告する。
6月25日
物故者
慰霊祭
午前11時
大宮八幡宮歴代神職・総代の御霊を慰めると共に、歴代総代と遺族の親睦を深める。
6月30日
大祓式
午後4時
半年の間に知らず知らずの内に溜まった、罪穢れを人形に託して茅の輪をくぐり清らかな体になり、病魔退散を願う。
7月9日
金比羅祭
午後5時
航海・漁業の神として有名であるが、病気平癒・除災招福の御神徳を合わせ持つ。毎月9日を祭日とし、7月9日を大祭とする。
7月 海の日の直前の日曜日
祇園祭
午後4時
疫病退散、万病回復、特に夏季に多い伝染病や食生活に起こる病気の退散を祈願する。
7月 海の日の直前の日曜日
神道
護摩
午後5時半
夏越しの大祓式にて託した人形を神道護摩により焚上げ、無病息災・家内安全を祈る夏祭り。神道護摩は近隣では見られない珍しい神事である。
7月25日
天神祭
午前10時
道眞公の威徳をしのび、学問・文化の発展を祈る。
9月15日
稲荷秋祭り
午後3時
豊年を感謝し併せて諸産業の発展を祈る。
10月5日
祝田社
本宮祭
午前10時
「播磨国風土記」に記される氏子の産土神であり、大宮八幡宮の本宮である。氏子・八幡宮の発展を祈る。
10月体育の日の
直前の土曜日
例祭
神幸祭
午後5時
大宮八幡宮大神の御加護に感謝し、御神輿・屋台太鼓の巡幸をして各町内の安全と発展を祈る大祭である。
例祭の
翌日曜日
還幸祭
午後3時半頃
11月中
七五三祭
午前9時〜
午後4時受付
七才・五才・三才の成長を感謝し、これからも健やかに成長するよう祈願する。
11月23日
新嘗祭
午前10時
新穀を神々にお供えし収穫を感謝すると共に、諸産業の躍進を祈願する大祭である。
12月31日
大祓式
午後4時
半年の間に知らず知らずの内に溜まった、罪穢れを人形に託して焚き上げし、無病息災・家内安全を祈る。
12月31日
神火
授与祭
午後5時
新しい年を迎える御神火を希望家庭にわかつ。
毎月1日
月次祭
午前6時
本殿にて各摂末社をも合わせて、氏子の平安と繁栄を祈る。
※付記  祭典時間については、変更することがあります。